― CATEGORY ―

相続とモノの問題

相続とモノの問題

株式の相続をする際の手順

2018年7月18日
相続問題で悩むのはもうやめませんか?|福岡の相続に強い弁護士|染矢修孝法律事務所
もし亡くなった方が「株式」を遺産として残したとしたら、注意が必要です。なぜなら株式は相続人の共有財産となり、法定相続分に応じて分割されないからです。 そのため、株式の相続は必 …
相続とモノの問題

遺産に不動産が含まれていた場合の対処法

2018年7月18日
相続問題で悩むのはもうやめませんか?|福岡の相続に強い弁護士|染矢修孝法律事務所
何かと遺族の関係を悪化させがちな相続問題ですが、不動産が含まれているとさらに問題が深刻化しやすくなります。 一般的に遺産分割協議では、遺産金額の大きさよりも「不動産が含まれて …
相続とモノの問題

遺言書をみつけた!開けていいのでしょうか?

2018年7月18日
相続問題で悩むのはもうやめませんか?|福岡の相続に強い弁護士|染矢修孝法律事務所
肉親,特に親御さんが亡くなられた後になって,本人自筆の遺言書が発見されることがあります。 このとき,感情的になって遺言書を開けてしまうと,思わぬトラブルを招くことになりかねま …
相続とモノの問題

相続放棄の「熟慮期間」について

2018年7月18日
相続問題で悩むのはもうやめませんか?|福岡の相続に強い弁護士|染矢修孝法律事務所
相続人は,相続の「承認」や「放棄」する前に,相続財産の調査を行うことが出来るとされているため,このような「熟慮期間」が設けられています。  ここ最近,あまり交流のなかった親族の方 …