初めての方へご案内

弁護士費用について

弁護士費用についてのご説明

遺産相続に関する問題については,その遺産額の大小にかかわらず,親族間の大きな感情的トラブルに発展するケースが少なくありません。早めに問題,原因を発見し,その対処を行っていくことが肝心です。

ご自身の抱える問題について早く気付いていただけるよう,初回1時間程度、相談料は、「5,000円(税別)」となります。
しっかりあなたのお話を聞かせていただきあなたにとってベストな解決策をご提案いたします。2回目以降30分5,000円(税別)としておりますので,ぜひ,お気軽にご相談ください。

弁護士費用に関しましても,出来るだけご事情をお聞きし,当事務所の報酬基準を前提に,分割払いでの対応や,場合によっては,着手金の一部を事件終了後に報酬により補うなど,可能な限り柔軟に対応させていただいております。

分かりにくいと思われる,弁護士の報酬について,出来るだけ一般の方にも理解していただけるよう,わかりやすくご説明させていただきます。どうぞ報酬の点についても,遠慮なくお気軽にご相談ください。

経験上,最初は,弁護士報酬等について不安を感じられる方も,報酬等についての説明や,問題解決のプロセス,方法について説明を受けるなかで,その不安や疑問も解消される方がほとんどです。

遺産分割請求事件

着手金

300万円以下の場合 8%+消費税

300万円~3000万円未満 5%+9万円+消費税

3000万円から3億円未満  3%+69万円+消費税

*具体的に,「遺産総額1億円で,そのうち2000万円が取得分である場合」を例にとると,着手金は117万7200円(計算:2000万円×5%+9万円+消費税(8%の場合))となります。

*相続人間で,相続財産の範囲や相続分に争いが無い場合,ご自身の取得分の3分の1の金額を経済的利益として,着手金の計算を行います。したがって,上記事例では,約666万円を基準に上記表に当てはめて計算いたします。

報酬金

300万円以下の場合 16%+消費税

300万円~3000万円未満 10%+18万円+消費税

3000万円から3億円未満  6%+138万円+消費税

*具体的に,「遺産総額1億円で,そのうち2000万円が取得分である場合」を例にとると,報酬金は235万4400円(計算:2000万円×10%+18万円+消費税(8%の場合))となります。

*相続人間で,相続財産の範囲や相続分に争いが無い場合,ご自身の取得分の3分の1の金額を経済的利益として,弁護士報酬の計算を行います。したがって,上記事例では,約666万円を基準に上記表に当てはめて計算いたします。

遺留分減殺請求事件

遺留分とは,簡単にいうと,亡くなった人の財産(遺産)のうちで,一定の相続人に確保された相続財産の一定割合であり,亡くなった人の生前の贈与,遺言による処分によっても奪うことの出来ない部分を言います。

例えば,父が,複数いる兄弟のうちで,長男にのみ,その有するすべての遺産を渡すという内容の遺言(このような内容の遺言自体は有効です。)を残し,死亡した場合においても,長男以外の兄弟である相続人らは,長男に対して,自分たちの遺留分を請求することが出来ます。このような事件類型を遺留分減殺請求事件と呼びます。

自分は,法律上遺留分権利者として認められているのか,また遺留分減殺の請求はできるのか,または,遺贈を受けた財産に関して,他の相続人から遺留分減殺の請求を受けたが,本当に遺留分侵害となるのか,など遺留分減殺請求に関する相談についてお気軽にご相談ください。

 

ア 相談料

遺留分減殺請求に関するご相談も,初回1時間程度、相談料は、「5,000円(税別)」となります。
しっかりあなたのお話を聞かせていただきあなたにとってベストな解決策をご提案いたします。2回目以降30分5,000円(税別)としておりますので,ぜひ,お気軽にご相談ください。

 

イ 着手金

交渉  30万円+消費税

調停  40万円+消費税

ただし,交渉から調停になった場合には,交渉と調停の着手金の差額分10万円のみ申し受けます。また,調停については,3回目以降の調停期日からは,日当として半日1万5000円を申し受けます。

裁判  50万円+消費税

ただし,交渉や調停から引き続きご依頼をお受けする場合には,上記交渉,離婚調停の着手金との差額分のみ申し受けます。例えば,調停から裁判となる場合には,差額分の10万円のみを申し受けます。

*事案により,遺留分減殺請求事件の解決終了後,遺留分権者において取得した経済的利益を基に,当事務所の報酬規程を基準として,報酬金とともに着手金の残金をご請求する内容の契約とさせていただくこともございます。

 

ウ 報酬金

300万円以下の部分 16%+消費税

300万円~3000万円未満の部分 10%+18万円+消費税

3000万円から3億円未満の部分 6%+138万円+消費税

相続放棄手続き

手数料として,7万円~+消費税を申し受けます。

ただし,被相続人の方が亡くなってから3カ月以上経過して申立を行うようなケースでは10万円+消費税を頂くケースもございます。

遺言作成サポート

定型のケース 10万円+消費税を申し受けます。

非定型のケース 遺産総額の1%

*公正証書遺言とする場合,公証役場等への出張費用,日当を頂く場合がございます。

相続問題で悩むのはもうやめましょう。

 


もし現在,相続問題に関してお悩みを持たれている場合には,

弊所に,お悩みをお聞かせください。

初回1時間程度、相談料は、「5,000円(税別)」となります。しっかりあなたのお話を聞かせていただき
あなたにとってベストな解決策をご提案いたします。
2回目以降30分5,000円(税別)

「いったい,何から手を付けたらよいか分からない。」

という,全く先の見えない状況でも大丈夫です。

弁護士はじめ弊所スタッフ一同,あなたの相続問題を「全力でサポート」いたします。

相談はこちらから